2014/2015 オペラ 『マノン・レスコー』 公演プログラム 新国立劇場

2014/2015シーズン
オペラ「マノン・レスコー」/ジャコモ・プッチーニ
Manon Lescaut/Giacomo Puccini
全4幕〈イタリア語上演/字幕付〉
オペラパレス

狂おしいまでに愛された美少女マノンの物語。幻の公演がついに復活!
2011年3月、東日本大震災のため公演中止を余儀なくされた「マノン・レスコー」が復活!「マノン・レスコー」は、アベ・プレヴォーの人気小説に基づいた、プッチーニ3作目にして出世作となったオペラ。時は18世紀、フランスとアメリカを舞台に、自由奔放に生きる美少女マノンと彼女に純愛を捧げる騎士デ・グリューの転落の物語を、プッチーニの甘く残酷なまでに美しい音楽が奏でます。演出は、新国立劇場で14年5月「カヴァレリア・ルスティカーナ/道化師」を手がけた名匠デフロ。白を基調とした装置に、伝統的なロココ風の衣裳による美しいプロダクションは、ベルリン・ドイツ・オペラなどで好評を博しています。

ヴァッシレヴァ、ポルタなど2011年と同じ主要キャストが実現。
マノン役を演じるのは、ブルガリアの名花ヴァッシレヴァ。マノン、蝶々夫人、トスカといったプッチーニのヒロインを特に得意とする、欧米で大活躍の美貌のソプラノです。デ・グリュー役は14年「道化師」カニオ役の絶唱が記憶に新しいポルタ。レスコー役は、12年「セビリアの理髪師」フィガロ役の圧倒的な歌唱で聴衆を魅了したイェニスです。指揮には、欧州各地の主要歌劇場でイタリア・オペラを中心に活躍するモランディを迎えました。

公演詳細はこちら
販売価格

1,000円(税込)

購入数